はらぺこゾウのうんち(絵本)

藤原幸一 写真・文

カテゴリー: 日中韓共同プロジェクト絵本/picture booksノンフィクション/nonfiction

第1回テーマ「環境」

『はらぺこゾウのうんち』

舞台は赤道にも近い、南アジアの熱帯雨林のジャングル。地球温暖化による干ばつで、植物が育たず沼や川が干上がって、食べるものも飲み水もなくなったこの地域では、野生のアジアゾウが人家の近くまで来て、 食べ物を探すようになった。そうして行きついたところはゴミ捨て場。お腹をすかせたゾウたちは、ビニー ル袋に入った食品廃棄物や汚物などもそのまま食べてしまう。中には割れたガラスや鋭いナイフ、針金などのゴミもある。ゴミ捨て場の近くで見つかったゾウのウンチには、ビニール袋がいっぱい混じっていた。また少し離れたところでは、1 頭の若いメスゾウが死んでいた。身体に傷は見当たらず、変な人工物を食べたのが原因のようだ。地球温暖化や開発によって自然環境が失われていく現状を、ゾウのウンチから象徴的に告発してみせた、衝撃的な写真絵本。

出版社 偕成社
初版年 2018年
ISBN 978-4033327808
ページ数 40頁
サイズ 260x210mm
対象年齢 6歳から
キーワード 環境、ジャングル、ゾウ、自然破壊、うんち

  • 2018
  • 40 pages
  • 260x210mm
  • ISBN 978-4033327808
  • Age 6 +

本を探す