【JBBY希望プロジェクト】野馬追文庫1月の本

 2019年最初にお送りした本は以下の3冊です。お正月や干支のいのししに因んだ絵本を選書しました。

『はつてんじん』(川端誠、クレヨンハウス)
  障害児支援施設かのん 聖愛こども園 かわうち保育所へ

『十二支のおせち料理』(川端誠、BL出版)
  障害児支援施設かのん 37カフェ ちゅうりっぷ文庫へ

『しっかりはしれば――亥(いのしし)』(五味太郎、クレヨンハウス)
  障害児支援施設かのん 原町保健センター 聖愛こども園 かわうち保育所へ

● お送りした本に頂いた声です。

☆ 聖愛こども園からはうれしいご報告のはがきをいただきました。


☆ あけましておめでとうございます。
 昨年中は、JBBYの皆様にはこの震災後子どもたちに素敵な絵本をたくさん頂戴し感謝申し上げます。ここ最近では、空気の冷たさに段々と動きも鈍り、暖を求めて各々が静かに一か所で絵本を読んでいる姿も…。
 南相馬は温暖な気候の地とは言えやはり東北。例年のごとく寒さが日に日に厳しくなってまいりました。
 今年度も昨年度に劣らず健診を経て療育につながってくるお子様方が多くなってきたことに驚いております。私たち大人が子供たちにしてやれること…を精一杯模索しながらまた今年一年頑張ってまいりたいと思いますので、今年度もご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。
 インフルエンザが流行ってきていると聞きました。
 先生がたもどうぞお体をご自愛くださいませ。

じゅにあサポート「かのん」
みなみそうま子どもサポートセンター「かのん」
新妻直恵

☆ 新しい年をいかがお迎えでしたでしょうか。
 今年は、新年早々、寒波がやってきて、この週末もまた雪のようです。
 いつも子どもたちのために絵本をお送りくださりありがとうございます。
 大人向きな絵本ということでしたが、楽しませていただきました。 猪突猛進といわれるイノシシ君、でもしっかりはしればしっかりみえるそれがぼくのやりかたというイノシシ君らしさがすてきですね。
  震災からもうすぐ8年、今日も海岸での捜索がニュースで流れました。ニュースを見ながら、イノシシ君と同じく、一人ひとり、走り方、流れた時間の感じ方はちがうけど、流れた時間の中でいろいろ見えたことがたくさんあっただろうと思いました。素敵な絵本をありがとうございました。
  寒さ厳しき折、どうぞご自愛ください。

南相馬市 原町保健センター 相良昭子


文責:撹上久子